スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎年のことですが。

昨日の天気はすごかったです。
気温は高くて、花粉は飛び交うし
マスクとメガネをして、出かけました。

3月10日は「東京大空襲」があった日です。
私の父のきょうだいと母親は(私にとっては
祖母と叔母たち)ですが、
墨田区に住んでいたので、
東京大空襲に遭い亡くなりました。

わたしたち兄弟は、父に連れられ
毎年お参りにいきました。
父が亡くなってからは、毎年わたしたちが
お参りに行っています。


今は東京都慰霊堂という名称になっています。

東京都慰霊堂は、大正12年(1923)9月1日に発生した、
関東大震災による遭難者(約58,000人)の御遺骨を納めるための霊堂として、
東京市内で最も被害の大きかった被服廠跡(現在東京都横網町公園)に昭和5年に建てられました。

慰霊堂の設計は、築地本願寺や湯島聖堂を手がけた伊東忠太氏(1867~1954)によるものです。

当初は「震災記念堂」と名付けられましたが、
昭和20年3月10日の東京大空襲などによる犠牲者(約105,000人)
の御遺骨も併せてこの霊堂に奉安し、昭和26年9月に名称を「東京都慰霊堂」
と改め、現在約163,000体の御遺骨が安置されています。

毎年2回(春季-3月10日、秋季-9月1日)慰霊大法要が行われています。


IMG_1474-300x224.jpg

(写真は、公益財団法人 東京都慰霊協会より借りしました)

帰りには、視界が2キロメートルになったそうです。
駒形橋から、スカイツリーもぼやけて見える程度、
地表の埃や塵が巻き上げられたので
「煙霧」だそうです。花粉用のメガネもマスクも
無いよりはましかな
大変な一日でした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。