スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の日って知っていますか?

母の日の本当の話知っていますか?
カーネーションを送るのはなぜ?

私も初めて知りました。母は私が中学1年のときに亡くなったので、
いつも寂しい思いをしていました。

でも本当の由来を知ったのです、びっくりしました。

こう書かれてありました。

提唱者の母は優れた社会運動家でした

こんな情景も、平和だからこそなのですが…
アンナの母、ミセス・ジャービスは、1852年に牧師と結婚しました。そして、1858年に「Mothers' Day Work Club」を結成し、病気で苦しんでいる人を助けるために募金活動をしたり、病気予防のための食品検査や公衆衛生の活動をするなど、社会運動家として活躍していました。

南北戦争(1861年~65年)が開戦すると、中立を宣言して南北双方の兵士を看病し、互いの敵意をなくそうと「Mother's Friendship Day」を企画して南北双方の兵士や地域の人々を招いたイベントを大成功させるなど、平和を願って献身的に働きました。

彼女自身、戦争や病気で8人の子供を失っているのですが、母としての愛情を、残された自分の子供(娘2人)だけでなく全ての人々に注いだのです。

女性が社会的弱者だった当時、こうした母親としての社会活動は大変意義のあるものであり、社会改革に大きく貢献しています。




本当の理念と、歪められていく「母の日」
アンナが裁判をおこすきっかけとなったカーネーションは1本1ドルで売られていたそうです。当時の物価からすると驚愕の高値です。
こうして平和を願って献身的に活動してきたミセス・ジャービスだからこそ、その追悼式(ここで娘のアンナが白いカーネーションを参加者に配ったのです)が社会的に注目されたのでした。そしてアンナは、すべての母親の社会に対する貢献を讃えて「母の日」を祝日にする活動をし、1914年に夢が叶ったのです。

ところが、こうした素晴らしい理念が消費文化の中で歪められていきます。政治的、商業的思惑によって“平和を祈る”はずの母の日が、“家族のために尽力している母にプレゼント(カーネーション)を贈る日”になり、年々盛大になっていきました。

やがてアンナは、白いカーネーションが信じられない程の高値で売られていることをきっかけに「貪欲のために母の日を侮辱している」と母の日行事の差し止め裁判を起こしますが、結果は敗訴。その後、母の日の商業化がますます加速していったのです。

晩年のアンナがこんなことを言っています。
「私は、自分が創ったこの祝日の商業化を自分の手で止めさせることによって、お母さんの恩に報いたかった」と。

あらためて母親のすごさがわかった気がします。世界の母親に感謝

スポンサーサイト

コメント

  • 2008/05/13 (Tue) 02:33
    No title

    こんばんは、初めまして。

    私は、昨年母を亡くしまして、今年は神棚にカーネーションを供えました。
    亡くなって今まで、忙しさにかまけて、実感が湧かなかったのですが

    母の日に、手渡しできない事実で、やけに悲しくなりました。
    何も報いてあげなかった事、いまさら後悔してます。

    応援ボチ

    アニー #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。