スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日は

昨日は3月10日です。東京大空襲のあった日です。

私の父の母親と兄弟が亡くなった日なのです。
そんなわけで、父に連れられて、毎年東京都慰霊堂に
行きました。

東京都慰霊堂(とうきょうと いれいどう)は
東京都墨田区横網の横網町公園内にある慰霊施設。
1930年(昭和5年)に関東大震災の身元不明の遺骨を納め、
死亡者の霊を祀る震災記念堂(しんさい きねんどう)として
創建され、1948年(昭和23年)より東京大空襲の身元不明の
遺骨を納め、死亡者の霊を合祀して、1951年(昭和26年)
に現在の姿となった。(『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

父が亡くなってからは、私たち兄弟は毎年行くことにしています。

子供の時は慰霊堂の中に書かれている絵が
とっても怖かったのです。

小さい心に戦争っていけないものだ
しっかりと刻まれていました。

RIMG0357.jpg

震災は自然が起こすものなので、ある意味しかたないと
思いますが、戦災は人が起こすのです
絶対にしてはいけないのです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。