スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今こそクリーンで安全な太陽光発電を!


大震災東京でもとっても大きく揺れました。
不安が続いています。
原子力発電、今とっても不安ですよね、
地震国の日本なのに、原発が53基もあるのですよ。
調べてびっくりでした。
今も福島原発はとっても心配です。

2011y03m19d_201139618.jpg


自然のエネルギー安心・安全が大事です
国も安心・安全に大きく舵を切ってほしいです。

いろいろと検討した結果
我が家は太陽光発電のパネルを設置しています。
天気の良い日は発電した電気を売っています。

太陽光発電とは
太陽光発電は屋根に太陽電池を取り付け、
太陽の光で電気をつくります。
つくった電気は実際にご家庭で使用して、
使いきれずに余った電気は電力会社が買い取ってくれます。

災害で停電になった時でも太陽が照っていれば電気を
使うことができる、環境にやさしく、
経済的にも嬉しいシステムなのです。

地球温暖化防止京都会議で、日本は
2008年から2012年までに温室効果ガス(二酸化炭素など)を
6%削減するという目標を決定しています。

その対策のひとつとして、国も推進しているのが太陽光発電なのです。
太陽光発電は、発電時に二酸化炭素を出さず、騒音もなく、
排気ガスも排出しません。
とても環境にやさしいクリーンなエネルギーなのです。

というわけで、取り付けました、
意識して電気を使うようになったこともあり、
支払う電気料も半分くらいになってきました、

もちろん買い取ってもらう電気料もあります、


我が家で頼んだのは、「ケイアンドエム」です、
アフターサービスもとっても良かったです。
とっても親切です、一度覗いてみてくださいね。 
http://kandm.co.jp/


 
 






スポンサーサイト

今日は東京大空襲のあった日です

今日は3月10日です。東京大空襲のあった日です。

私の父の母親と兄弟が亡くなった日なのです。
父はあまり話してはくれませんでした。
とっても悲しい事だったのでしょう、
親・兄弟がみんな亡くなってしまったのです。

東京都慰霊堂(とうきょうと いれいどう)は
東京都墨田区横網の横網町公園内にある慰霊施設。
1930年(昭和5年)に関東大震災の身元不明の遺骨を納め、
死亡者の霊を祀る震災記念堂(しんさい きねんどう)として
創建され、1948年(昭和23年)より東京大空襲の身元不明の
遺骨を納め、死亡者の霊を合祀して、1951年(昭和26年)
に現在の姿となった。(『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

父が亡くなってからは、私たち兄弟は毎年行くことにしています。

子供の時は慰霊堂の中に書かれている絵が
とっても怖かったのを覚えています。

今年は66年目にあたり、とっても沢山の人が
お参りに来ていました。

RIMG0357.jpg

震災は自然が起こすものなので、ある意味しかたないと
思いますが、戦災は人が起こすのです
絶対にしてはいけないのです。

あらためて戦争の事を考えさせられる日です、
弱い立場の人たちが戦争に巻き込まれ
正しいことも言えなくなることは
絶対にあってはならないことです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。